これでもう迷わない!小論文の書き方のポイント

小論文の決められた型での書き方[三段落構成で作成]

小論文が上手く書けない

大学入試などで小論文の作成を求められるのはよくあります。この小論文には自分の考えを述べるものですので、入試でも大きく点数が割り振られています。この小論文を良い内容に仕上げることができたら、合格できる可能性が高くなりますので、作成するときの注意点をしっかり学んで本番に備えましょう。

小論文作成時の注意点

誤字がないか確認

近年パソコンやスマートフォンが普及してきて、文章を作成する際は予測変換に頼りがちです。小論文を作成する際は手書きになりますので漢字の間違いなどに注意しましょう。一つ誤字があるだけで意味不明な文章になったり意図したものとは違い解釈をされる可能性があります。普段から手書きに慣れておくと本番でも慌てずに済みます。

話し言葉にならないようにする

話し言葉を使用する方は増加傾向にあるようです。普段友達や家族と会話している時のような言葉を使用することは避けましょう。例えば「それと、私は○○だと思うのですが~」の「それと」が話し言葉に該当します。面接ではきちんとした言葉遣いでも文章を書くとなると普段の自分が出てしまうことがありますので注意しましょう。

なるべく規定の文字数を超えるようにする

小論文には規定の文字数があります。その文字数以上の量の文章を書くようにしましょう。万が一どうしても足りなくても規定文字数の9割は書くようにしてください。あまりにも文字数が足りないと大きく減点されたり、0点になってしまう可能性が高いです。

読点は多すぎないようにする

読み手に分かりやすくするために用いられる読点ですが、一文の中に読点が多いと逆に分かりづらくなってしまいます。一度自身で読んでみて分かりづらくなってないか確認するようにしましょう。また一文が長すぎても読み手は疲れてしまいますので、大体50字程度にしておきましょう。

これでもう迷わない!小論文の書き方のポイント

原稿用紙

小論文の基礎知識

普段小論文を書き慣れてない方からすると、どのように作成すればよいか書き方が分からないというのが悩みのたねです。小論文を作成するには決まった型というものがあります。この型に沿って作成すればどのようなテーマの小論文であっても大丈夫です。

小論文は三段落構成で作成せよ

小論文は三段落の構成の方が一番作成しやすいです。まず一段落目ですが、テーマに対する問題提起に関する文章を作成しましょう。そして二段落目には、何故このような主張にしたのかの根拠がある理由を述べてださい。最後の三段落目には全体のまとめです。このような構成で作成していくと良い小論文が出来上がります。

広告募集中